今日はどんな日

日々是好日 行政書士秋山優子の徒然メモ

防災備えの見直し

こんばんは。行政書士の秋山です。

大型で強い台風が近づいているとニュースで流れています。災害というと、これまで私の中では「地震」が大きい存在でしたが、昨年の台風をきっかけに「暴風」、「大雨」、年が明けてからはウィルスCOVID-19「ウィルス」、年々厳しくなる「猛暑」と数種の脅威が身近に感じられるようになっています。

9月1日は防災の日。毎年この日の前後に行われる市の防災訓練も今年はCOVID-19の影響で中止。防災への備えの意識が薄れていました。マンションの防火管理者ということもあり防災倉庫の備蓄確認のほうには注力してきましたが、日本では災害への備えの基本は「自助」「共助」「公助」と言われているので、まずは「自助」ですね。自宅のほうの見直しを忘れてはなりません。今日はマンションの消防設備点検の後、実家と自宅の備えの見直しを行いました。

f:id:gyosei-ay:20200905192637j:plain

備えの補充

自宅用には缶詰の食料、水を補充、そしてランタンとラジオの動作確認。避難所等に行くための持ち出し用リュックには、スリッパ、食器類、サランラップ、除菌シート、マスクを追加。

昨年の台風の際に避難所となった小学校の避難所運営ボランティアの方々からのご報告によると、事前避難にもかかわらず何も持たずに手ぶらで小学校を訪れ、スリッパは無いのか?スマホの充電がしたい、お箸は無いのか?と要望ばかりを言う人がいたという。避難所をホテルか何かと思っているようで呆れるばかり。また、避難所に入ってしまうと普段は自ら動いて働く方でも避難所の「お客様」のような意識になってしまい、動かなくなってしまう人が多いようです。体力に余力があって動ける方は動くように心がけたいものです。

明日はご依頼いただいている申請書の作成についてオンラインでお打ち合わせの予定が入っています。COVID-19と天候(猛暑・台風)が心配なこの時に、移動を伴わずにも、お互いにオンラインでお顔を合わせながらお打ち合わせができる時代、環境に感謝しています。

台風10号、どうか大きな被害が出ないように祈るばかりです。

2020.9.5